• auliamadhila

My short recommendation on financing climate change adaptation in Indonesia

We had the final workshop for an Asian Development Bank (ADB)’s climate change project on Friday. The last 1 year, I worked on a financial mapping and success factors on adaptation.

My recommendation can be applied for other climate change adaptation projects in Indonesia.

Green Climate Fund (GCF) and Adaptation Fund (AF) will be, in theory, good funds to support adaptation activities with private sector, but it will be too difficult or takes too long to process. It needs an intermediate for companies to apply, in most cases. If your adaptation activities are related to the bankable activities of bigger players such as ADB and UN and need significant financial supports, these funds are still your option.

Climate Change Trust Fund (ICCTF) is a good option if you are not a government. It is a grant fund and has relatively a simpler and faster process. It is not open for local governments, but they can team up with universities and companies.

If you do not need a large fund, you may consider CSR or microfinance. You neither need to check a government intention nor make a 200-page-fortunetelling proposal for this option.

My person lesson learnt are as below:

1) As ADB is a "bank", assessing financial demands and supply are a part of their business.

2) Cases, tasks, and schedules changed often and often these were arranged in the last minute. This reminded me to be flexible to work in Indonesia.

3) I was the only foreigner in this international project. In this case, it is much more efficient to use their local language. I should learn more Bahasa Indonesia.

Lastly, CCROM is a good local consultant team and hope to work with them more!


金曜日にアジア開発銀行(ADB)の気候変動プロジェクトの最終ワークショップを行いました。過去1年、私は適応に関する金融マッピングと成功の要因を調べました。

私の推薦は、他のインドネシアの気候変動適応プロジェクトに適用できると思います。

グリーン気候基金(GCF)と適応基金(AF)は理論的には、良好な資金のはずですが、民間部門と適応活動を支援するために、それはあまりにも難しく、処理に時間がかかりすぎるでしょう。企業が応募するには、多くの場合に、仲介する団体を必要とします。もしあなたの適応活動が、ADBや国連などの大きな団体の確かな活動に関連しており、大規模な金融支援を必要とする場合は、これらの資金はまだ選択の一つになるでしょう。

あなたが政府でない場合は、気候変動基金(ICCTF)は良いオプションです。これは、助成基金であり、比較的簡単かつ早く処理されます。これは、地方政府のために開かれていないですが、彼らは大学や企業と提携することができます。

あなたが大規模な資金を必要としない場合は、CSRやマイクロファイナンスを考慮すべきでしょう。政府の意向を確認したり、「200ページの占いみたいな」提案書を書く必要がありません。

学んだ私の人のレッスンは以下の通りです:

1)ADBは「銀行」であるので、金融需要・供給を評価する事は彼らのビジネスの一部です。

2)ケース、タスク、およびスケジュールはしばしば変更され、多くの場合、これらは、最後の最後で決まりました。これは、インドネシアで活動するようには、柔軟でなければならない事を思い出しました。

3)私はこの国際プロジェクトの唯一の外国人でした。この場合には、その地域の言語を使用することがはるかに効率的です。私はよりインドネシア語を学ぶ必要があります。

最後に、CCROMは良いローカルコンサルタントのチームであり、今後も彼らと一緒に仕事ができるように願っています!

See more posts at https://www.linkedin.com/pulse/my-short-recommendation-financing-climate-change-indonesai-takama?trk=prof-post

 

Subscribe Form

+62 812-3831-727

  • Google Places
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Instagram

©2020 by su-re.co (Sustainability & Resilience) Gift-maker to the Earth. Proudly created with Wix.com